英会話一口メモ その46

2013/05/03

前回、「笑う」という言葉のニュアンスを考えてみたので、今回は「泣く」という言葉のニュアンスを考えてみます。

■ cry       "cry" には「叫ぶ」という意味もあるように、声を出して「泣く」時に使います。         * She cried and cried.
       「彼女は泣き続けた」

■ sob       「すすり泣く」 小さな声で泣く時に使います。    * She talked between sobs.    「彼女は泣きじゃくりながら話をした」

■ weep      "cry" と同じように「泣く」と言う意味ですが、多少書き言葉のような感じがします。     * I saw two women weeping together at the station.     「女性が二人一緒に泣いてるのを駅で見かけました」

■ whimper      犬がクンクンと鼻を鳴らす時にも使う言葉なので "sob" に近い「すすり泣く」という意味でこれも書き言葉です。       *The loud cry trailed off into a whimper.
    「大きな泣き声が、次第にすすり泣きになりました」

■ blubber       騒々しく泣く時にこの言葉を使います。
   * He blubbered like a baby.      「彼はまるで赤ん坊のように(人目もはばからずに)泣いた」


 「泣く」という言葉を使わなくても、泣いている状態を表すことも出来ます。    * Tears run down her cheeks.     「涙が彼女の頬をつたわった」           (J.S)  

  • Prev
  • Index
  • Next

スクール一覧

  • 吉祥寺
  • 池袋西口
  • 池袋東口
  • 新宿西口
  • 新宿南口
  • 渋谷
  • 渋谷宮益坂
  • 銀座三丁目
  • 銀座四丁目
  • 神田
  • 東京八重洲
  • 五反田
  • 横浜