英会話一口メモ その62

2013/09/01

海外での生活の中で、一番困るのは病気になった時。 今回はそんな時に役立つ英会話表現を幾つか拾ってみます。

■ a family doctor             アメリカで「かかりつけの医者」のことを言います。 日本式に、a home doctor とは言いません。 英国・オーストラリアでは、GP(general practitioner) と言うのが普通です。    " I'm afraid I've caught a cold.  Do you know a good doctor in this neighborhood ?   We need a family doctor "      「風邪を引いたみたい。 この近所でいい医者をご存知ですか。 かかりつけになってもらえるような」


■ pediatrics               「小児科(医)」 "a children's doctor" の意味です。 専門用語ですが、子供のいる方は覚えておきたい言葉です。  " Something's wrong with our baby.  Do you know a doctor specializing in pediatrics ?"         「子供の様子がおかしい。 小児科医をご存知ですか?」


■ symptoms                 「症状」 医者には体の状態を正確に伝えなくてはいけません。     " What other symptoms do you have ? "   " I have a stomachache, headache, sore throat and a runny nose."     「他にどんな症状がありますか」 「腹痛、頭痛、喉の痛み、それと鼻水です」


■ allergy                「アレルギー」 処方箋(prescription)が出る前に必ず聞かれます。     " Do you have any allergies ? "  " Yes.  I have an allergy to cats."      「何かアレルギーありますか?」 「はい、猫にアレルギーがあります」


■ diarrhea  &  constipation            「下痢&便秘」 症状を説明する時、覚えておくと便利な言葉です。         " I had diarrhea, but now I've been constipated for a week."       「下痢でしたが、今は一週間便秘してます」


■ a hit-and-run                        「ひき逃げ」   特に病気ではありませんが、こんな形でけがをするかもしれません。          " It's a hit-and-run.  My son is injured and bleeding.  Please send us an ambulance."    「ひき逃げです。息子がけがして出血してます。救急車お願いします」            (J.S)        

  • Prev
  • Index
  • Next

スクール一覧

  • 吉祥寺
  • 池袋西口
  • 池袋東口
  • 新宿西口
  • 新宿南口
  • 渋谷
  • 渋谷宮益坂
  • 銀座三丁目
  • 銀座四丁目
  • 神田
  • 東京八重洲
  • 五反田
  • 横浜