2020.09.29

『寒い』はColdだけじゃない!〜秋冬に使えるフレーズ

What’s Up, everyone! Moeno is back!
皆さん、こんにちは!こんばんは!新宿西口校スタッフのMoenoです。

『台風の季節か・・・』なんて考えていたら急に気温が下がり、服装に困る季節がやってきましたね。

過ごしやすいのは確かなのですが、毎年この時期のなると文句を言っている気がします・・・(笑)

 

さて、今回は前回の【エアコンって英語で言えますか?】ブログに続き、寒くなってきた時期、そして冬本番に使える【寒さ】を表すフレーズや英単語をシェアしていきたいと思います!

『毎レッスン、同じフレーズばかり使っている・・・』

なんて方いらっしゃいませんか?大丈夫です!今ならまだ間に合いますよ〜!

①『寒い』はColdだけじゃない!

It’s cold today. (今日、寒いよね〜)

これはよく聞くフレーズですね。寒い時にだいたい出てくるのはやはりCold。

 

★Cool

寒い、というよりも涼しいを表現したい時に使える英単語。Coolはいくつか意味が異なるので注意ですね。

★Chilly

-It’s been really chilly.(最近ずっと肌寒いよね)

こちらは肌寒いくらいの気温の時に使えます。

★Freezing

-It’s freezing.(超寒い!!!!)

Freeze(凍える)くらいですから本当に寒い時に使えます。

 

②上の単語が使えたら少しレベルアップ

★Frosty

-It was a frosty night.(霜の降りるような夜だった)

Frostは霜という意味。

★Nippy

-It’s nippy outside.(なんか外寒いな)

こちらはChillyより少し寒いかな、という時に使える単語。イギリス英語のスラングだそうです。他にも『速い』という意味があります。

★Biting

-It’s biting cold today.(寒すぎて身体が痛い・・・)

 

③更にレベルアップ!一緒に使ってみましょう

-My hands have gone numb.(手がかじかんでる・・・!)

-I can’t feel my fingers.(手の感覚がない!(かじかんで))

-I got goose bumps.(鳥肌がたった)

-I can see my breath. (息が見えるよ)★息が白い

-Don’t catch a cold!(風邪引かないようにね)

-Stay warm!(暖かくしてね〜!)

 

是非使ってみてください!また、今回ご紹介した単語やフレーズ以外にもまだまだ沢山ありますので、レッスンを受講された際に講師に聞いてボキャブラリーを増やしていきましょう〜!

 

それでは!

Don’t catch a cold!