2020.08.20

モーリシャス座礁事故《海外最新ニュース》

What’s Up, everyone! Moeno is back!
皆さん、こんにちは!こんばんは!新宿西口校スタッフのMoenoです。

モーリシャス座礁事故-The Mauritius oil spill

今回のブログでは、7月25日にインド洋の島国モーリシャス沖で日本貨物船「わかしお」が座礁した事故についてシェアしていきます。

海外の大手新聞社も初めは詳細を報道していなかったようですが、フランスでの報道がきっかけで世界的に問題として取り上げられ始めました。もちろん日本国内のニュースでも取り上げられていますが、まずは何が起こったのかを説明しますね。

 

冒頭でもお伝えしましたが、7月25日にモーリシャス沖で日本の運航会社、商船三井が運航する「わかしお」が座礁。そして今月、8月6日に重油が海に流出していることが判明し、翌日7日にモーリシャス政府は環境非常事態宣言を出しました。

流出している重油の量はこれまで起きた事件と比べ少ないようですが、流出している場所が問題なようで環境非常事態宣言を出すまでに至ったようです。

モーリシャスってどこ?

「天国に一番近い島」とも呼ばれるほど美しく、よく芸能人が新婚旅行で訪れるとか。島の大きさは東京都と同じくらいで、夏には各国から観光客が訪れます。

ちなみに日本からはドバイを経由し約17時間。

そんな美しい島モーリシャス。コロナウイルス により観光業に影響が出ているにも関わらず、今回の事故により観光業だけでなく、環境へはもちろんのこと経済にもこれまで以上に影響が出てくるだろうと懸念されています。

また、BBCニュースによるとモーリシャスは特有の植物や動物が密集する、生物多様性のホットスポットで800種、海洋哺乳類17種、カメ2種を含む1700種の生き物のすみかとなっている場所。

そんな生き物たちを守ろうと地元ボランティアの方達が油まみれになりながら対応にあたっています。

地元メディアによると、住民の間では自らの髪の毛を提供する動きも広がっているということです。油を吸い取りやすい髪の毛を使用することが目的のようです。

今回は、事故が起こった理由などはお伝えしませんでしたが気になった方は是非調べてみてくださいね!The New York TimesやThe Guardianなどでも今回の事故は取り上げられています。

日本の記事との違いにも注目してみてください!

最後に、英文記事で出てきた単語を少しシェアしていきたいと思います。

Mauritius モーリシャス
Leak 漏れる・漏出
Species  種(生物的・科学的)
Pollution 汚染
Spill こぼれ出る
Coral reef サンゴ礁
Mammal 哺乳類
State of environmental emergency 環境非常事態宣言
Ecological 生態学的な
Climate Change 気候変動