英会話無料体験レッスン無料体験レッスン 英会話無料体験レッスン無料体験レッスン

ドラマの会話をそのまま覚える!9ヶ国語を操る人が断然オススメする勉強法!

おすすめ記事

世の中には9個の言語を操る人が居ます。

こう聞くと『うわぁ~すごい!!』驚くと思います!しかし9ヶ国語とまではいかなくとも、実際ヨーロッパやアジアなどでは複数の言語を話せるというのは結構普通の事だったりします。これは、複数の民族が一つの国家を形成しているという場合が少なくないからです。よって、2~3個の言語が話せるというのは、よくある話です。例えば、スイスですと、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の4つを公用語として定めています。さらに世界言語の英語を含めると、5つの言語が飛び交っているということになります。もちろん、5か国語すべてを話せる人は少ないと思います。が、ドイツ語と英語、フランス語とドイツ語と英語など、2~3言語が出来る人達がたくさんいます。

 

私たちにも出来るのか?

彼らの場合は、地域性や育った環境という背景が大きいかと思います。幼いころからその言語で生活している人たちが身近にいて、私たちが日本語を覚えてきたように自然と話せるようになったのだろうと思います。では、実際おとなになってから3つも4つも言語を習得することは可能なのでしょうか?

 

100回Listening & 100回Speaking

さて、では冒頭にお話しした9つの言語を話す人は、どのように勉強したのでしょうか?
実はこの人物はスタッフの友人の友人なのですが、100SLと呼ばれる勉強法を実践してみたとの事でした。はて?100SLとは何でしょうか?これは、ドラマや映画のセリフを100回聞いて(リスニング)、そのセリフを100回口に出して言ってみる(スピーキング)とう勉強方法なのだそうです。これだけ聞くと、いろんな勉強法を試したことのある方は、あぁシャドウイングだな、と思われる方も多いと思います。そうです、『聞こえたままを言ってみる』という点では、おそらく一緒です。しかーーし!!シャドウイングは『スピーチ(一人が話している)』の音声を利用するのに対して、これは『会話』でやります。学習者向けに作られた聞き取り易い英語ではなく実際にアメリカ人が話している会話を聞き取って話す練習をしていく点が違います。

 

中級者以上なら挑戦してみる価値あり!

これだけを聞くとすごく難しそうですよね。えぇ、正直この100SL、とても難しいと思います!何が難しいって、そもそも米ドラマのセリフってめちゃめちゃ早いですよね?それに100回聞いて100回話すという途方もない回数(あくまで目標)、さらにはそれをこなしていくのにかかる時間の長さとその間のモチベーションの維持も問題です。
それでも、少しずつでも進めていけば確実に成果の出る方法であることは間違いないです。(私の経験からして)あなたが、会話が出来る様になりたいのであれば試してみる価値はあります。ドラマを字幕なしで見たいという目標を掲げている方にとっても最適だと思います。ドラマは本当に会話練習の良い教材になります(^^♪

 

やってみたい!という方の為、どの様に進めていくかを載せておきます。

ラウンド【1】

① まず、タイトル選び。過去に見たことのあるドラマ(映画)から1つ選びます。このとき、ホラー、ミステリーなどは避けた方が無難でしょう。自身と年齢の近い出演者たちが出ていて、仕事、家族、友人、恋愛など日常生活が描かれるものがオススメです。
② ドラマのセリフを聞きながら、印象に残ったセリフが流れたらすぐ後にそのセリフを呟いてみましょう。そこから1回に10分くらいを聞きながら、セリフを追っかけて言ってみましょう!これを100回です!!

 

コツは…マジメにやらない事です!机に向かって、PCでドラマを再生して、ノートを準備して、電子辞書を広げて…なんてやらない事です。自宅でのんびりしているとき、掃除をしているとき、散歩に出かけたときなど、耳だけ傾けて、聞こえたままを子供のように言ってみるのです!
10回過ぎたあたりから、正確に何を言っているか分からなくても<音>の順番を覚えるはずです。ドアを開ける音がして、Aさんが『Good morning』って言いながら入ってきてBさんが『〇〇△△◇◇』って言って、携帯が鳴ってBさんが『Hello ?』って出て…みたいな(笑)会話をシチュエーションごと覚えられている素晴らしい傾向です!

 

 

ラウンド【2】 延長戦!

【1】 に慣れてきたら次は細かく何と言っていたのかを調べていきます。これは100SLの延長戦です。

③ 30秒~くらいのシーンに分けて、見てみましょう。聞こえた通りをそのままノートに書いて行きましょう。カタカナで大丈夫です。そのドラマのお気に入りのシーンがあれば、そのシーンから始めても良いかと思います。
④ 書き取ったカタカナから、思い当たる単語を片っ端から調べていきます。例えば【ライト】と聞こえたとしたら、果たして【Right】なのか【Light】なのかを突き止めていきます。可能性のある単語を辞書で一個ずつ調べていくのです((+_+))

 

 

コツは…マジメに根気よくやることです!初めは文脈やシチュエーションから推測できる単語から調べていくと比較的簡単に調べが付きます。ところが、推測しにくい単語は調べが付くまでに時間がかかります。ここは、根気よく探していくしかありません。どうしても分からなければ、分かる日が来るまで温めておきましょう。そうやって何回かやっていくうちに【R】と【L】の発音の違いが聞き取れるようになってきます。【Right】とはこう聞こえるのか、【Light】とはこう聞こえるのか、となんとな~く違いを当てられるようになったら、バンザイ!リスニングに効果が表れている証拠です!

 

まとめ

今日は100SLの勉強法をご紹介しました。なかなかの荒い勉強法ではありますが、根気よく続けていけば1年後、2年後にはリスニングや会話力がグンっと伸びていることを実感できるはず!
どんな学習方法でも1週間で効果の現れるものはありませんので、ゆっくり確実に、しかも好きなドラマで勉強が出来れば少しは英語の学習が楽しくなるかもしれませんね!ぜひ挑戦してみて下さいね!9カ国語も夢じゃないかも!?

 

See you around(*^^*)
Satomi

先生との20分間のインタビュー形式のレッスンでは、先生が生徒様のレベルに応じて質問やスピードを変えてくれるので初心者から上級者まで幅広く対応いたします。
イングリッシュビレッジならではのアットホームでリラックスした雰囲気の無料体験レッスンに一度いらしてみませんか?

無料体験レッスン随時受付中!