英会話無料体験レッスン無料体験レッスン 英会話無料体験レッスン無料体験レッスン

英語の恐怖から解放されよう!日本人がつまづきがちなポイントを克服する英語勉強法

おすすめ記事

英会話、

Hello 😲ここのところ一気に寒くなりましたね。イングリッシュビレッジでは、年始に向けて新しい先生達が続々と合流していて賑やかな雰囲気になってきております😄今年の目標が、【英会話】だった方!今からでも遅くないですよ~!今年のうちに始めておきましょう🌻

 

さて、今日は英語学習、特にスピーキングにおいて、日本人がつまずきがちなポイントについてお話ししようと思います。
まず前提として日本人は英語で話すことにためらいを感じる人がとても多いです。他の非英語スピーカーの人たちと英語の授業を受けたことがある方は分かるかもしれませんが、彼らは文法が違っていようが、発音が変であろうがどんどん話しています。上手く伝わらなければもう1回言えば良い、訂正してもらいながら学んでいく、そんなスタンスです。しかし、どうも日本人はそうもいかないようです。
以前『先生(外国人)にちゃんとした英語で答えられないのが(分かっていて)恥ずかしいから、何も言わないで笑ってなんとか乗り切ろうとしてしまうんです』という悩みを生徒様から相談されたことがあります。どうして日本人が英語を話す事を『恥ずかしい』と感じてしまうのでしょうか。

この生徒様の状況は、初級~中級学習者に多く見られる状態です。先生が話しているのを聞きながら、
①とにかく笑顔で乗り切る方
②相槌で乗り切る方
③分かったフリをしている方
自分の事だ~!!とドキッとした人、いませんか?💦残念ながらこれを続けていたら上達しません!!聞いているのだからリスニングは少しは伸びるんじゃ?と思う方もいるかもしれませんが、伸びません!!リスニングはただ聞いているだけでは伸びません。では、この状況に陥ってしまっている人たちはどうすれば、リスニングもスピーキングも上達させることができるのでしょうか。

 

 

では、どうしてこうなってしまうのでしょうか。まず理由としては、『英語を話す事への恐怖心』、『ある程度聞きとれていることで満足している』、『自分にはできないとどこかで諦めている』の3つに分けられます。それぞれの理由と対策を考えてみましょう。

 

英語を話す事への恐怖心

一つ目は、これまで文法や受験を目標にした学習だけで英語に触れてきた方によくある症状です。外国人と話す事自体に慣れておらず、「大丈夫かな?間違ってないかな?」と心配ばかりが付いて回り、英語を口から出すこと自体も出来ないなんて人もいると思います。これは沢山の外国人と交流を持って、仲良くなって、「間違っても大丈夫」という事に自分で気づくことでしか克服できません。この恐怖心は、元々の性格も関係していると思われるので、簡単には拭えません。いくらアメリカのドラマをたくさん見ても克服できません。【外国人=日本語が通じない怖い人】と思わず、レッスンでは日本語を使ってもOKですので、まず先生(外国人)と仲良くなることを目指すといいでしょう。

 

 

ある程度できることで満足してしまう

二つ目は、まさしく中級者の【壁】です。初心者のときよりリスニング力が向上し、複雑な内容の話でなければ大方理解できるようになりレッスンも楽しめている状態のときにぶつかる方が多いです。上達することは大変素晴らしいのですが、そのおかげでより先に進むことを<おっくう>と感じる様になっていませんか?【壁】を乗り越えてもう1歩先に進むためには、先生の話を聞いているだけでなく、聞き取れなかったところを「どういう意味なの?」と説明を求めたり、「先生はどう思う?」と質問をしたり、「それにね…」と付け足したり、会話を展開していく努力が必要です。さらに、話しやすい興味のあるトピックだけで会話をするのではなく、今まで挑戦してこなかったジャンルのトピックにも少しずつチャレンジしていくことで語彙が増え、様々な観点から意見を話せるようになっていきます。

 

 

自分にはできないとどこかで諦めている

三つ目は、シンプルに目標や動機が曖昧、英語ペラペラになっている自分をただの夢だと思っているということです。英語ペラペラまでの道のりは長く、大変なことの連続です。短期間で簡単に習得できるものではありません。みなさんもそれをよーく知っている故に、自分にはできないと思ってしまうのでしょう。しかし、その道のりを一つ一つ進んで行くしか方法はありません。まずは目標設定。例えば『旅行先で困らないように』英語を学習するのであれば、次の旅行までにレストランでの注文をマスターする!とか、タクシーに乗ったら自分から話しかける!など具体的な目標を立てるといいでしょう。目標が高すぎたり、明確ではなかったりすると、無理かもしれないと諦めかけてしまいやすいので注意です。1年後に英検2級合格!など、実力を測るテストを目標に置くのも大事です。ここでのポイントは半年間頑張れば達成できそうな目標にすることです。半年後に合格すれば、諦めの気持ちより、『おっ!これいけるんじゃないの!?』と前向に学習に取り組めるはずです。そして、チャレンジ問題は時々にし、80%以上わかる内容を繰り返し練習することで自信をつけていきましょう。

 

 

さぁ!一歩一歩前に踏み出してみましょう!

日本人は、【英語が出来る人は偉い】という刷り込みと【誰でも簡単に短期間でしゃべれるようになる】という洗脳が強いことが問題です。しかし、実はこの二つ、全くもってかみ合わない考え方なのが分かりますか?前者の【英語が出来る人は偉い】と思うのがなぜかというと、英語を話せるようになるためにはそれなりの時間と努力が必要であることを知っているからです。そうなると後者の【誰でも簡単に短期間でできるようになる】というのが、あり得ないことも分かりますよね。(人間がそれを求めてしまうのもよく分かりますが💦)

 

相談者の方は、自分を変えたいんです!という事でしたので『英語が出来ない事は、全く持って恥ずかしい事ではないです。(だって話し方は学校では教えてくれなかったし!)でも、出来ればカッコイイと思いますよね?「はい」でしたら、自分にも出来るようになる日が来ると信じて、1つずつを確実に覚えていくしかありません。そして、先生を使って(頼って)たくさん実践練習をしてみて下さい。言いたいことがスラスラ出てくるまでは多少時間がかかります。それでも英語を話している自分に違和感を感じなくなるところまで来れれば<勝った>と思っていいです。そこまで来れば英語が分かることが楽しくなっているはずなので、そこからは自分なりの勉強法を探っていけば良いです。まずは、出来ないことにイライラして諦めてしまわない事、これが一番大事です!』とアドバイスをさせて頂きました。

 

 

皆さんも語学学習には、実際どれだけ勉強したかの量や時間が大事なことはもちろんですが、勉強に臨む姿勢や気持ちの持ち方はそれ以上にとても大事です。どうせ出来ないと思っていたら、いつまで経っても出来る様になりません。ちゃんと勉強していれば目に見えなくても実力はついてきます。そして、ある時ふと力が付いたことに気が付くはずです。それまで、諦めずに頑張って!!!

先生との20分間のインタビュー形式のレッスンでは、先生が生徒様のレベルに応じて質問やスピードを変えてくれるので初心者から上級者まで幅広く対応いたします。
イングリッシュビレッジならではのアットホームでリラックスした雰囲気の無料体験レッスンに一度いらしてみませんか?

無料体験レッスン随時受付中!