英会話無料体験レッスン無料体験レッスン 英会話無料体験レッスン無料体験レッスン

ネイティブから学ぶ ③would【英会話レッスン】

ブログ

Hi, イングリッシュビレッジ横浜校のAtsukoです。

今朝、置き忘れの傘があり、出社してきたPaulに「これPaulの?」と聞いたんです。ビニール傘でたたまれず広がったまま傘立てに入っていたものをみてPaulは
“It’s not mine. I wouldn’t do that”
と言いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英会話レッスン:I would/ wouldn’t-

この表現はネイティブ講師達の会話中によくでてきます。意味は「私は~と思う」になり、I think ~ と同じ意味ですが、ニュアンスとしては現実ではない場合、推定で使われます。

Paulの表現は日本語に訳すと難しいのですが、
「私の傘じゃないよ。私だったらこんな風にしないよ」
この傘の状態をみても、『私のではない』と推測できるということを伝えています。

・It would be nice to buy a new car, but we can’t afford it.
(新しい車を買えたらいいけど、そんな余裕はないな。)

・Shall I tell Mr. Yamada what happened? (山田さんに報告した方がいいかな?)
-No, I wouldn’t say anything. (I wouldn’t say anything in your situation)
((私があなただったら)何も言わないと思います。)

・I’d call Mr. Yamada, but I haven’t got his number.
(連絡先を知っていれば山田さんに連絡するでしょう。(連絡先を聞いていない))

 

ブログを書いている今も、早速レッスン中に
「I would say・・・」
「I wouldn’t buy・・・」
と聞こえてきました😊

講師と会話をしているとwouldは本当によく耳にします。聞いたらわかるけど、日本人があまり使わない言葉の一つですね。(If~、I wouldの構文では使われていますが)

幅広い表現パターンで使える便利な言葉なのでTVや映画でも気にして聞いてみるようにしてみましょう。

今まで I think・・・を使っていたシチュエーションもwouldの方が適している場合もあるかもしれませんね。wouldの自然な使い方をマスターすれば、よりネイティブ表現に近づきますね。

Let’s study English together.
Atsuko

先生との20分間のインタビュー形式のレッスンでは、先生が生徒様のレベルに応じて質問やスピードを変えてくれるので初心者から上級者まで幅広く対応いたします。
イングリッシュビレッジならではのカフェ英会話のようなアットホームでリラックスした雰囲気の無料体験レッスンに一度いらしてみませんか?

無料体験レッスン随時受付中!