英会話無料体験レッスン無料体験レッスン 英会話無料体験レッスン無料体験レッスン

ラッピング〜文化の違い【イングリッシュビレッジ】

ブログ

Hi,イングリッシュビレッジ横浜校のAtsukoです。

日本の過剰包装という言葉を聞いたことはありますか?私達は慣れてしまっているけど、海外からきた外国人は日本人の包装にビックリするそうです。

例えばコンビニ。
温かいものと冷たいものを別々に袋に入れてくれたり、お菓子などは個包装されているものも多いですよね。

海外では大きなポテトチップスやドリトスも開けたらそれっきりなので(最近は小さめなものも売っていますが)日本の考えることはすごいなと思っていました。

講師から聞いた個包装以外の驚きは、お店のラッピングテクニック。デパートではラッピングの研修などもあり、どんな形のものでも一瞬でとてもキレイに包装してくれますよね。更に、渡す時用の予備の紙袋まで用意してくれます。

海外ではラッピングも自分でやることが多く、(そのためにラッピング専門店もあちこちでみられます)たまに包装を頼んでも店員さんの時間が長くかかるので「自分でやるわ!」と結局ひきとってしまうのだとか。

 

私自身、以前はパッケージなどを送る際、ガムテープなんかもよれないようにとかなるべくキレイにまっすぐ貼ることを心掛けていました。それが海外生活を始めてから、あまりの皆の雑さに驚いたものの、そこにこだわることもいつの間にかなくなりました。
海外は郵便局の職員でさえ、テープの留め方が雑で見た目など全く気にせず、本来の‘中身がでないように’という定義にだけ基づかれているんですよね。

 

誕生日プレゼントをもらった私が紙包装のテープをそーっと剥がし、包装紙も丁寧に開けていたら講師に「なんだ、その開け方は」なんて笑われたこともありました。海外の風習も知っていますが、しみついた習慣なのでなかなか豪快にビリビリとはできません。

 

海外では態度や言葉で喜びを伝えるため、プレゼントの包装を喜んで豪快に破いて開け、相手の目の前でプレゼントを開けて、喜んで、お礼を言うことが「マナー」となっています。また「贈り物=中身・メッセージ」なので、その他のものは単なる器や包み。中身が大切なので、包装も簡易的ですしビリビリと開けられても誰もショックを受けません。

可愛らしいアメリカ人の友達が、プレゼントをビリビリと豪快に開けているのをみて「やっぱりそうなんだ」と思ったこともあります。

一方、日本では、いただいたプレゼントをその場で開けるのはマナー違反とされています。受け取ったときにはお礼のみを伝え、後日改めてお礼の気持ちを伝えるのが一般的です。そして開ける際も包装紙を傷つけないように丁寧に開封する人もいます。そして美しい包装紙を丁寧に保管することもありますね。

こういったカルチャーの違いを知ることは興味深いことですし、場合によっては知らないと失礼にあたってしまうこともあるかもしれません。

日本人の手の器用さを表す単語として講師がDexterous (器用)という言葉を使っていました。

 

やはり世界からみると日本は過剰包装の国なのでしょうか?

レッスンの中でも講師に意見など聞いてみて下さいね。

Have a nice day.
Atsuko

先生との20分間のインタビュー形式のレッスンでは、先生が生徒様のレベルに応じて質問やスピードを変えてくれるので初心者から上級者まで幅広く対応いたします。
イングリッシュビレッジならではのカフェ英会話のようなアットホームでリラックスした雰囲気の無料体験レッスンに一度いらしてみませんか?

無料体験レッスン随時受付中!