2020.03.18

2020年春Netflixオススメ洋画・ドラマ【新宿西口校】

What’s Up Everyone! Moeno is back!
皆さん、こんにちは!こんばんは!新宿西口校スタッフのMoenoです。

今回は、海外ドラマ・洋画が大好きな私から2020年春Netflixオススメ洋画・ドラマTop5をご紹介させていただきます!

前回(2019年)は【新宿西口校講師に聞いた!ベスト映画・ドラマ集!!】【この映画、見てください。〜英語字幕で映画鑑賞】と言ったブログを書かせていただいてきましたが・・・。

2019年後半あたりから問題が発生。

「見たい!」と思う洋画・ドラマを観尽くしまして、Netflixを開かない日が2週間続いてしまったのです!(私にとっては大事件)

まあそんなことはどうでもいいのですが。2020年に入り、Netflixにも新作(2020年の新作とは限りません。古い映画でNetflixに新しく入ってきたものも含めます)が入りましたので是非私のように困っている方がいらっしゃればと思い今に至るわけなのです。

ちなみに!もちろん日常会話フレーズを学びたい方向けのものもありますので必見です★

それでは・・・。

No.5 Miss Americana(2020)

【ジャンル】ドキュメンタリー

幼少期から作詞作曲を始め、今ではポップ界のトップシンガーまで上りつめたTaylor Swift。音楽だけでなく一人の女性として多くの人に影響を与え続けています。そんな彼女のドキュメンタリー“Miss Americana”は普段スクリーンを通してみる彼女の姿ではなく、リアルな日常を追ったもの。

正直なところ「Taylor Swiftファンでなければ面白くないのでは?」と思いながら見始めましたが、1時間26分の中に彼女の人間性が沢山詰まっていて、ファンでなくても一般人はみるべきだと感じました。彼女の、スターではなく、一人の人間としての本当の姿に心動かされた人が沢山いるのではないでしょうか?

 

No.4 All the Bright Places(2020)

【ジャンル】ドラマ・ロマンス

ポスター(カバー)に1組のカップルが幸せそうに写っているため「ただのロマンス映画か」と一瞬思ってしまいますが、内容は悩み・自殺・環境・学校・死と思っている以上に深いもの。決してイジメにフォーカスを当てたものではなく、美しいものに視点を当てながらも抱えきれない悩みや人間関係、自殺問題をうまく映し出している映画です。

個人的にはラスト、身体が一気に重くなった気がしましたがそれでも是非観ていただきたいさ映画です。

 

No.3 Gilmore Girls(2000)

【ジャンル】ヒューマンドラマ

ファーストエピソードが2000年に放映され、シーズン7まであるファミリードラマ。日本のNetflixにはファイナルのシーズン7まで既にありますので一気見が可能。

冒頭にもお伝えしましたが、一切見たいと思う洋画・ドラマがなかった時期に見始めたら止まらなくなってしまったドラマです(笑)ちなみに人気シリーズ、フルハウス含めるファミリードラマは同じような展開がたまにあるので飛ばし飛ばしみる癖があるのですが、それでもハマりにハマって3週間で全て見終わりました(笑)時代背景、ファッションが私にはドツボだったので今では私の中のトップ10に入ります。

そして英語の学習にも◎

早口でのジョークや会話が飛び交いますが、リスニング練習やフレーズを沢山学べます。ちなみに、新シリーズとして2016年には“Gilmore Girls: A Year in the life”が始まり、現在はリミティッドシリーズとして4エピソードが視聴可能です★

 

No.2 Spencer Confidential (2000)

【ジャンル】アクションコメディ

マーク・ウォルバーグ主演のNetflixオリジナルムービー。主演がマーク・ウォルバーグと聞いただけで見たいと思う方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?今回は本作品監督を務めた、ピーター・バーグ監督とマーク・ウォルバーグ5度目のタッグを組んだ作品。(他「パトリオット・デイ」「ローン・サバイバー」など)正直、真面目に見るべき映画とは言えませんが彼のアクション映画が好きな方は楽しめるかと。犯罪、殺人、麻薬、アクションに加え、コメディ要素が上手くミックスされている作品です。

Netflixオリジナル作品は滅多にハズレがないので、新作はとりあえず見ることをオススメします(笑)ちなみに世界的ラッパー、歌手のPost Maloneも出演しています。

 

No.1 Nocturnal Animals(2016)

【ジャンル】ドラマ・犯罪スリラー

私、実は終わりがないエンディングや視聴者次第が考えなくてはいけないようなエンディングが好きなのですが、この作品はまさにそんな映画。新宿西口校の講師、Jesseがオススメしてくれました。

主演は「メッセージ」(大好きな作品で別のブログでもオススメしています)や「魔法にかけられて」など、どんな役柄でも素晴らしい演技で人々を魅了するエイミー・アダムス。そして同じく彼に演じられない役柄はないのではないかと思わせるぐらい作品ごとにその演技に驚かされる、ジェイク・ジレンホールも出演しています。

経済的に裕福、しかし不眠症や夫の浮気に悩むエイミー演じるスーザンにある日20年前に別れたジェイク演じるエドワードから小説が送られてきます。感想を教えてくれないかというメッセージとともに送られてきた小説「Nocturnal Animals(夜の獣たち)」。目を背けたくなるような内容に息を詰まらせながら読み進めていくスーザン。その小説、そして映画のラストシーンが意味するものとは?

予告も何も見ずに、ましてやジャンルも知らずに見始めたのですが、途中まで全く意味がわからず見るのをやめようかと思ったほど。

しかし途中から異変に気付き、最後には映画の初めから終わりまで何が起こったかを頭の中で整理するのに時間がかかりましたが「なるほど」とため息が出ました。個人的にはとても好きな映画。上記作品のような映画があればぜひ皆さん教えてください(笑)

 

最後にオススメさせていただくのは、実話を元にしたフィクション映画です。

 

★Lost Girls(2020)

【ジャンル】ドラマ・ミステリー・実話

アメリカ・ニューヨークのロングアイランドで起こったLong Island serial killer(通称:LISK)ロングアイランドシリアルキラー未解決事件。1996年から2013年の間に少なくとも10人から16人の少女が殺害され、ニューヨーク州サウスショアエリアで遺体が発見されました。警察の捜査が本格的に始まったのは2010年ですが、見つかった遺体の中には1996年に殺害された少女の遺体と合致するものもありました。犯人は未だ見つかっておらず、未解決事件のままです。

Lost Girlsはこの事件で警察が動き出すきっかけとなったストーリーを映画にしたもの。行方不明になった娘を必死になって探そうとする家族、警察、そして被害に遭われた方達の家族の姿が映画で描かれています。映画を観終わったあと、事件について調べましたがあまりにも残酷なもので目を背けたくなるようなものでした。

さて、Moenoの2020年春Netflixオススメ洋画・ドラマTop5いかがでしたでしょうか?是非感想を聞かせてくださいね。

それではまたお会いしましょう!